皮下組織について

皮脂

皮下組織

肌の真皮の下は皮下組織と呼ばれるものでできています。

脂肪はクッションの役割を果たし、衝撃から体を守ってくれます。

脂肪がない体だと皮膚のすぐ下が筋肉で痛くて座ることすらできないです。

脂肪はお腹だけでなく、手のひら・足の裏・頭皮などにも覆われていて、衝撃を吸収してくれています。

脂肪の役割は何もダメージを吸収するだけではありません。

脂肪の働きは、それ以外にも

・体の温度を一定に保つ

・エネルギーを貯蓄するなどの働きもあります

皮脂の3構造を知ってると得するの?

表皮、真皮、皮下組織の3構造で肌は成り立っています。

肌トラブルの原因は必ずこの3つのどれかから発生するので、どこが原因かを把握しておくことは非常に大切です。

例えば、

乾燥:表皮の角層が原因です。

シミ:表皮のトラブルが原因です。

シワ:神秘のトラブルが原因です。

 

毛穴の開きは初期の表皮のトラブルで、それが進行していくことで真皮全体に広がっていき、たるみが現れてしまうのです。

たとえシワを気にして化粧でごまかしたとしても、角層奥まで届くことはないので効果がないです。

 

最近では肌の奥まで浸透すると歌っている化粧水が販売されていますが、結局は神秘で働くものでもないので意味はないです。

保湿成分や美白成分はそこでは働かないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です